ショートステイを利用するシーンとは

ショートステイは、介護を必要とする人が数日または数週間ほど施設に宿泊できるというサービスで、介護を必要としている高齢者であれば利用することが可能です。
高齢者を介護している家族が介護を休みたい場合などに多く利用されています。
高齢者を毎日介護している家族は介護疲れやストレスで身体的にも精神的にも参っていることが多いのですが、休みたいと思っていても介護を休むことは困難です。
そんな家族を支援するために利用されているのがショートステイであり、数日間高齢者を預かることで介護疲れで悩む家族も休むことができます。

また冠婚葬祭やちょっとした旅行で自宅を空けたい、自分たちの代わりに高齢者を介護してほしい、家族が体調不良で介護ができないというシーンでも、ショートステイが利用されることが多くあります。
特に旅行の場合は家族のリフレッシュやストレス解消の意味合いが強いことが多いため、こちらも介護疲れをしている家族の支援という意味合いで利用されています。
このようにショートステイの利用目的の多くは、介護している家族のリフレッシュやストレス解消を支援することにあるようです。

それ以外には、家に引きこもりがちな高齢者の孤立感を解消するためにイベント開催時期など、ちょっとしたシーンで利用されることもあります。
この場合は孤立感の解消だけではなく、高齢者に施設慣れしてもらうという目的を兼ねていることも多いようです。
家庭での介護は何かと大変なこともありますが、ショートステイの利用も選択肢に入れて負担にならないようにしましょう。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30