ショートステイの利用方法について

仕事の関係などでどうしても家族を介護施設に預けることを望む家庭があっても、施設の空き状況によりすぐに入居することができないケースがあります。
そのような場合は、ショートステイを利用することが可能です。
施設によりますが、半月、一か月ごとの更新ができ、施設が空くまでのつなぎとして利用することができます。
仕事や離れたところに住んでいるためにどうしても親の面倒を見ることができない方にとっては、とても便利なものです。

契約内容にもよりますが、朝昼夕の食事も用意してもらえますし、オプションとして散髪などもあるようです。
介護士の方も気にかけてくれ、安心して家族を預けることができます。
費用面に関しても、要介護度などにもよりますが、一般的な介護老人施設と比べると安い費用に抑えることができます。

ただし、ショートステイですので、一週間のうち、2泊3日は親を自宅に引き取る必要があります。
例えば、金曜日の夜に引き取り、日曜日の夜に施設に親を届けるといった感じです。
予定などで引き取ることが難しいということも出てきますので、その点は相談する必要があります。
また、ショートステイは介護施設に入居するまでの「つなぎ」としても利用することができ、空きがでたら、ショートステイを終了し、介護施設に入ることができます。
介護施設に入居するとなると、ショートステイと比較して費用が高くなるため、空きが見つかった際はすぐに手続きが行えるようにする必要があります。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30